鳩の被害

メモをとる作業員

鳩がもたらす最悪の被害

ここ数年で、鳩が住宅や公共施設などに糞の被害をもたらすことが増えています。そもそも鳩は集団で行動して、同じ場所に戻ってくる帰巣能力に優れています。そのため、一度テリトリーを作ってしまうと、なかなか他の場所に移動しなくなります。特に鳩が大量に住み着くことで、糞の被害がもたらされます。この糞が、想像以上に人に悪影響を与えます。糞の中には、人間の健康を脅かす大量の菌が繁殖しています。時間の経過とともに、糞は乾燥して空気中に飛散していきます。その糞を人間が吸ってしまうことで、色々な感染症を発症します。特に恐ろしいのが、クリプトコッカス症という感染症です。これは、全国で死亡例もある恐ろしい菌です。ですから、被害が拡大しないためにも、駆除対策が大切といえます。

駆除を行うのにとても有効な方法

鳩を駆除するのに効果的な対策は、専門業者に頼むことです。専門業者は、鳩がそこに住めない環境にすることで駆除してくれます。業者による対策の流れは、まずは住んでいる鳩を追い出します。その後、糞や巣などをきれいに清掃してくれます。そして、次に二度と戻ってこないように対策を施します。具体的に言うと、まず住んでいた場所に忌避剤と呼ばれる薬品を塗布します。忌避剤には、鳥が嫌う臭いが含まれています。そのため、効率よく追い払うことができます。その他にも、針がいくつも出ていて着地できなくさせる「プロテクトバリア」も有効です。これをベランダの柵や床に取り付けることで、駆除が行えます。業者に依頼することで、被害状況や予算に配慮した駆除を提案してくれます。確実に鳩を追い払えるので、とても便利といえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加